下ネタやセクハラの対処法が身に付くんです

キャバクラ嬢という仕事を体験すると、意外と「役に立った!」と感じるのが、男性のお客様からのセクハラに対する耐性ができること。
これは実際に働いてみないとわからないかもしれないですね。
キャバクラ通いをしている男性って、やっぱり女性が好きなんですよね。
そこにお酒が入ってキャバ嬢も盛り上げたりしちゃうもんだから、少しずつ“たが”が外れてエッチなことを言ったり下ネタを乱発してきたりするんです。



学生さんだったら、まだまだこうした下ネタに対する抵抗が難しいというか、上手く流せない人もいるのでは?
でも、キャバクラ嬢として少しの期間働くことで、エッチな話を含むセクハラを自然と受け流せるようになります。
もしかしたら、全然なんとも思わないくらい平気になるかもしれません。
愛想笑いも上手にできるようになって、「はいはい」って感じで軽くあしらうことができるようになったら、これも絶対にこれからの人生で役に立ちますよ。

これって、俗に言う「スルースキル」です。
自分に嫌なことがあった時にスルーするスキルがあるかどうかで、人生が成功するかどうかが決まると言っても良いほど。
それを学生の時期にキャバクラ派遣で働くことで身に付けられれば、こんなに有利なことはありませんよね。

  男性の言動に対するスルースキルを習得するメリット

日本では何とかハラスメントに対する風当たりが強くなってきていて、ちょっとでもそんな言動を取れば、たちまち問題になってしまいます。
確かにハラスメントはダメなんですけど、それにいちいち目くじらを立てていては、ストレスも溜まるし面倒だしで良いことがありません。



愛想笑いや受け流しのテクニックが上がると、社会に出た時にもストレスを感じなくなるはずです。
セクシャル・ハラスメントに限らず、会社で働くようになればパワハラなんかも受けるかもしれませんし、でもスルースキルが身についていれば、そんなのも「はいはい」ってノリで対処できるようになるでしょう。

カーッとなったりあたふたしないようになると、物事を冷静に判断できるようになります。
ただただ我慢できるという訳ではなく、下ネタに対する抵抗が適切にできることで余裕が生まれ、仕事に関する決断や状況判断もしやすくなるんです。

キャバクラ派遣で働くことの隠れたメリットですよ、これは。
でも、思っている以上に大きな効果ですから、メンタルを強くしたいと思っていたり、ちょっとのことでイライラするような自分を治したいなら、なおさらキャバ嬢のお仕事はオススメできます。